ウッドエイト ライト 製品特長

特長その1超耐候と長期撥水で素材を保護

主成分のシリコーンゴムは、全樹脂の中で最も耐候性に優れています。その上、水性系のシリコーンゴムエマルジョンが木材に浸透して弾性被膜をつくり、より優れた耐候性を発揮します。この弾性被膜が木材の膨張に対してある程度追従することで持続性が向上し、撥水性を保持し吸水を抑えます。

※ウッドエイド ライトは促進耐候性試験(スーパーUV)において、アリゾナ実暴露10年に相当する防水・撥水性の持続力が確認されました。 (実証データは限定的条件での結果であり、実際の使用環境では様々な要因により耐候性が大きく変わります。)

促進耐候性試験(他の素材との劣化比較)

シリコーンゴム耐候性の秘密

木材は時間の経過や環境の変化によって膨張収縮しますが、一般的な塗料はその動きに追従することができないためクラックが発生し、そこから水分が侵入して腐朽が始まることがあります。 ウッドエイド ライトは、主成分がシリコーンゴムのため木材の収縮の動きに柔軟に追従し、クラックの発生を抑制します。

特長その2安全性の高い防カビ剤を配合

ウッドエイド ライトに配合している防カビ剤は安全性が高く、防カビ効果も高い原料を厳選して配合しています。

特長その3水性系で人にやさしく環境にエコ

主成分のシリコーンゴムは、哺乳瓶用乳首やコンタクトレンズにも使われる安全性に優れた素材。溶剤を使わない水性系なので人と環境にやさしく、ホルムアルデヒドが含まれていないため室内でも安心してご使用いただけます。また、木材が長持ちすることにより炭素が長期に固定化されCO2低減にも貢献します。

シリコーンは哺乳瓶の乳首に使われるほど安全性の高い素材です。

他の素材との酸素透過性比較

呼吸する人と環境にささしい素材

特長その4木の風合いを生かす仕上がり

主成分であるシリコーンゴム自体は無色透明で、素材に浸透するため表面に厚い塗膜を張りません。このため、耐候性を高めながら素材が持つ柄や風合いをそのまま生かすことができます。その上、水蒸気透過性と通気性にすぐれているので、素材が空気に触れ吸放湿する、いわゆる“呼吸できる状態”を保ちます。これは、シリコーンゴムが酸素や水蒸気の透過性が必要とされるコンタクトレンズや化粧品に使われていることからも想像いただけます。素材の風合いを生かし、さらにそれらを活き活きと保つことができるのです。

  • 木の風合いを生かす仕上がり
  • 木の風合いを生かす仕上がり
  • 木の風合いを生かす仕上がり
  • 木の風合いを生かす仕上がり
  • 木の風合いを生かす仕上がり
  • コンタクトレンズ
    シリコーンはコンタクトレンズにも使われ、多くの酸素が瞳に届くとして注目の素材です。

使用用途

外装のほか室内の木材にも使用可能

木質外壁やエクステリアなどの保護に有効です。公共施設等の室内の木材にもご使用いただけます。

※ウッドデッキなど頻繁に歩行する床面には適しません。

ホウ素化合物との併用で、防虫・防腐・防藻効果も発揮

ホウ素化合物DOT処理材にウッドエイド ライトを塗装すれば撥水効果で溶脱が抑えられ、防虫・防腐・防藻効果が得られます。溶脱防止剤WA-Fを併用することで、さらに溶脱防止効果を高めることが可能で、従来よりも屋外での使用を容易にしました。

※ウッドエイド ライト及びWA-Fは溶脱を完全に防ぐものではありません。
※不燃木材などホウ素化合物(DOT)を多量に注入した木材には適しません。

ウッドエンド ライトの取り扱いについて

その他の製品はこちら

  • ウッドエイド ボロンテック
  • ウッドエイド カラーA