• ウッドエイド ライト
  • ウッドエイド ボロンテック
  • ウッドエイド カラーA
  • シリコーン素材辞典
  • よくある質問
  • 資料ダウンロード

SINKEN STYLE

見て納得!施工事例

FAQ よくある質問

WOOD-AIDをきれいに塗装し長持ちさせるために特に注意する点を教えてください。
特に木材の“乾燥度合い”と“塗布量”が重要になります。

■ 乾燥度合い(木材含水率)について
塗装前の木材の含水率を[針葉樹材:25%以下]・[広葉樹材:20%以下]にしてください。
含水率の測定は含水率計で簡単に測定できます。
含水率数値が規定内でWOOD-AIDを塗装して頂くと、有効成分が木材内部までしっかりと浸透し、強力な撥水性を発揮します。

■塗布量について
樹種により塗り回数は変わってきます。

針葉樹材:材質がやわらかいため、浸透性が良く1〜2回塗りで強力な撥水性を発揮します。
広葉樹材:材質がかたいため、浸透性があまり良くありません、十分浸透させるには2〜3回塗りで強力な撥水性を発揮します。

※注;重ね塗りの場合は前塗装が乾ききる前に塗装してください。(30分〜1時間)
※注:浸透性が悪い場合は塗装回数を増やしてください。
※注:WOOD-AIDは他塗料 (溶剤系もしくは水性系)と違い、針葉樹、広葉樹共に生木への塗装も可能ですが、その場合の希釈率は5倍希釈を推奨します。

◎詳しくは、技術資料ダウンロードページの【WOOD-AID塗装マニュアル】をご参照ください。